ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第十話

ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第十話のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第十話

加地大己(瑛太)の言葉に勇気づけられた石末亮介(生田斗真)は、急死した作家・桜井真也(田村亮)の妻・瑠美子(麻生祐未)に解剖を勧め、瑠美子もそれを受け入れる。

 解剖室で遺体を執刀した佐川文彦(時任三郎)は、死因とされた腸閉塞は見られないと診断。病気以外の死因が絡んでいるかもしれない、と言う夏井川玲子(矢田亜希子)に、大己、亮介、久保秋佳奈子(石原さとみ)らは衝撃を受ける。

 真也が解剖されたという情報は、真也が死亡した石末総合病院の院長・石末貴之(名高達男)にも届いていた。解剖を勧めたのが息子だと知った貴之は、それでも病院の処置は正しかったと主張する。

 佐川と玲子は、真也が医療ミスで死亡した可能性はあるが、死因になったとされる抗がん剤の不適切量の投与があったかどうかは不明だと言う。医療ミスを立証するには、病院側に過失があったという証拠が必要だ。しかし、それを知るのは病院側だけで

スポンサードリンク

Category 日記

ヴォイス〜命なき者の声〜のヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第十話のリンクについて

ヴォイス〜命なき者の声〜のヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第十話のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。