ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第八話

ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第八話のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第八話

東凛大学の解剖室に、火災現場で死亡した60代の男性が運び込まれる。男性・今成卓見(平田満)は警備員で、自宅付近の火災現場で発見されたが、胸に子供の遺体を抱えていたという。今成と子供に面識がない上、子供がカーペットに包まれていたことから、今成には放火犯の疑いもかかる。

 その後、解剖が行われ、加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)は、佐川文彦(時任三郎)から、今成が肝炎を患っていたことを聞く。

 そんな中、解剖作業をしていた哲平は、夏井川玲子(矢田亜希子)から今成の肝臓を実験室に運ぶように指示される。ところが、途中でシャーレを落としてしまう。慌てて割れたシャーレと肝臓を拾い集める哲平。物音を聞き駆け込んできた佐川は、出血した哲平の指を洗浄する。

 同じ頃、蕪木誠(泉谷しげる)は、今成がB型肝炎であると突き止める。感染していたら命に関わるだけに、大己らは検査結果が気にかかる――。


スポンサードリンク

Category 日記

ヴォイス〜命なき者の声〜のヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第八話のリンクについて

ヴォイス〜命なき者の声〜のヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第八話のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。