ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第七話

ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第七話のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

ヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第七話

東凛大学の解剖室に、60代の女性が運び込まれる。そんな中、加地大己(瑛太)と羽井彰(佐藤智仁)は、夏井川玲子(矢田亜希子)から解剖の作業に参加するように言われる。執刀する佐川文彦(時任三郎)から注意を受け、解剖が始まろうとしたとき、解剖を中止しろ、と怒鳴り声がする。声の主は、女性の夫・野間口功(石橋蓮司)だった。

 一度は解剖を承諾したが、妻は解剖を望んでいないし、生き返ることもないからという野間口。佐川が解剖の必要性を説いても納得せず、女性は無言の帰宅をすることに。

 そのやりとりを見ていた久保秋佳奈子(石原さとみ)は、研究室を飛び出していく。そんな佳奈子を、大己、石末亮介(生田斗真)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、彰が追う。野間口に駆け寄った佳奈子は、真実がわからないままでいいのかと声をかけるが、野間口は聞く耳を持たない。

スポンサードリンク

Category 日記

ヴォイス〜命なき者の声〜のヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第七話のリンクについて

ヴォイス〜命なき者の声〜のヴォイス〜命なき者の声〜,あらすじ,第七話のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。